世界で活躍するフードコーディネーターを目指そう
ロゴ

Appeal.com

フードコーディネーターなら自分を表現できる

食のスペシャリストを目指そう

フードコーディネーターの仕事はとても幅広いのが特徴です。レシピを考えたり、企業にアイデアを出したりするだけでなく、料理教室で先生として働く人もいます。そんなフードコーディネーターのやりがいについて見てみましょう。

フードコーディネーターのやりがい

調理器具

自分のアイデアが評価される

他の職業でも言えることですが、自分のアイデアが評価されるのは嬉しいものです。特に、フードコーディネーターは飲食店にお客さんを呼び込む役目などもあるので、アイデアが評価された時の喜びは大きいでしょう。

いろいろな人と出会える

フードコーディネーターは様々な場所で活躍するので、食を通じて多くの人と出会うことができます。人間関係が豊かになることで、毎日の生活にハリが生まれるでしょう。

人を幸せにできる

自分のアイデアで人々を幸せにできるのは素晴らしいことです。美味しく食事したり、楽しく食事ができるのはフードコーディネーターのおかげと言ってもいいでしょう。

自分らしさを表現できる

企業などと関わって働くこともあるので、企業イメージを損なわないようにする必要はありますが、その中でも自分らしさを表現することは可能です。オリジナルメニューの開発などは特にアピールするチャンスでしょう。

世界で活躍するフードコーディネーターを目指そう

調理器具

専門学校で知識を学ぼう

特別必要な資格はないのですが、技術や専門知識を身につけるためには調理の専門学校に通うのが近道です。最短1年で卒業することができるので、資料請求してみるといいでしょう。

男性

商品開発についても学べる

調理の専門学校では、フードコーディネーターの仕事で欠かせない商品開発に関する知識を学ぶことができます。レシピを考える力や、考えたアイデアを発表するプレゼンテーション力を養えるため、独学で学ぶよりもより力が身に付きます。

レディ

パーティーフードのスキルもアップ

飲食店の料理だけでなく、ケータリングやウェディングパーティーなどで用意される料理もフードコーディネーターが関わっていることもあります。パーティーを華やかに彩るための知識を身につけられるため、活躍の場を広げることができるでしょう。

手に職をつけたい人にもピッタリ

食に関する知識を身につけたいだけでなく、手に職をつけたいという人にもフードコーディネーターはピッタリの仕事です。フードコーディネーターという肩書きを活かして、他の仕事に就くこともできるでしょう。

広告募集中