ロゴ

Appeal.com

美容学校で学べば、専門技術が磨きやすい!

美に関することは学校で学ぼう

ネイリストやヘアメイク、エステティシャンなど美に関する職業にはたくさんの種類があります。資格を必要としない職業もあるのですが、学校で学んだほうがプロの技術を学びやすいでしょう。

美容学校の学科の種類

  • ヘアメイク学科
  • ネイル学科
  • トータルビューティー学科

そもそもスタイリストとどう違う?

憧れる女性が多いヘアメイクのお仕事ですが、スタイリストとはどういう違いがあるのでしょうか?それぞれに求められるスキルも合わせて解説します。

ヘアメイクとスタイリストの違い

ヘアメイク

モデルにヘアセットやメイクアップを施すのがヘアメイクの仕事です。シチュエーションやイメージに合ったヘアメイクを施さないといけないので、いろんなパターンで施す知識・技術を必要とします。

スタイリスト

ヘアメイクと同様、シチュエーションやイメージに合わせてモデルやタレントのスタイリングを行います。服だけでなく小物も合わせることがあるので、センスが必要です。また、使用する服や小物を店舗に借りにいく仕事も行います。

ファッションに興味がある人は美容学校へ進学しよう

美容師

自分の好きなことを学べるのが最大のメリット

美容学校ではメイクやネイルなど、自分の好きなことを学ぶことができるので、その道で働きたいと思っている人にとっては素晴らしい環境でしょう。夜間のコースや通信制のコースを設けている学校もあるので、働きながら夢を追うことも可能です。

化粧品

美に関することを幅広く学べる

美容学校の卒業と同時に、ネイリストやエステティシャンの資格を取れる学校もあるので、独学で勉強するよりも効率がいいでしょう。また、ライバルがいることで刺激を受けることもできますし、お互いにアドバイスをして腕を磨くこともできます。

ヘアケア用品

専門学校の初年度にかかる費用

学校によって費用の差はありますが、初年度の費用は100~150万円程度が相場でしょう。2年制の学校の場合、2年間の合計は200~270万円程度になるようです。

入学までの流れ

女性

学校選び

学校のホームページを見たり、パンフレットを見たりして進学する学校を選びましょう。オープンキャンパスに参加すれば、実際の学校の雰囲気を見ることができるのでおすすめです。

入学願書を出す

進学する学校が決まったら、入学願書を出します。願書を取り寄せないといけない場合もあるので、早めに行動した方がいいですね。また、併願する場合は別途手続きが必要な場合があるので、確認しておきましょう。

受験する

専門学校の受験方法は、一般入試や推薦入試、AO入試などがあります。自分の学力などに合った受験方法を選びましょう。選考結果が出るまでの期間は学校によって異なるので、事前に聞いてみるといいですね。

学費の納入

合格通知が来たら、指定された期日までに学費や入学金などの納入を行います。2分割で納入できる場合もあるので、一括で納入するのが厳しい人は相談するといいでしょう。

入学

必要な手続きが終わったら、入学する日を待ちましょう。入学式がある場合は、開始時刻や服装などについてお知らせがありますから、必ず目を通してください。

広告募集中